小夜倉庫

普段はTwitterにいますがTwitterは信じるな

プリキュアショーに行って号泣する話

わたしはプリキュアショーに行くと泣きます。数える程しか行ったことはないのですが、毎度めちゃめちゃ泣きます。この記事はそういう取り留めのない話です。

 

今日のプリキュアショーはキラキラ☆プリキュアアラモードの5人が敵と戦ったりダンスをしたりするもので、以前には歴代ピンクと魔法つかいプリキュア!が大集合してダンスを踊るというバトルのないスタイルのものなども観ました。

 

やっぱり今日も泣いたのですが、毎度毎度なぜ泣くのかというと、子供たちが「プリキュアに会いたい」と心から願ってプリキュアを呼ぶからです。

 

 

プリキュアは、あらかじめその日その時間に来ることが決まっています。そのために、たくさんの大人たちが努力したことでしょう。ですがプリキュアショーという空間において、プリキュアがやってくるのは、あくまでも、子供たちがプリキュアに会いたいと願って、大きな声で元気いっぱいにプリキュアの名を叫んだからなのです。

このことを、わたしは肌にびりびりと感じて、もうなんかダバダバ泣きました。子供たちの懸命な思いにプリキュアが応えてくれた瞬間の目撃者になっちゃったわけです。

 

もちろん、大人たちの努力をないがしろにするつもりはまったくありません。むしろそれもまた感じられるからこそ感動するのです。子供たちにとって、また、あの空間において、「プリキュアがみんなの思いに応えてやってきた」という認識が成立するのは、紛れもなく大人たちの努力の賜物です。心から敬意を抱きます。彼らのたゆまぬ努力と労働があるからこそ、プリキュアはやってくるのです。

 

戦闘のときも、ピンチになったプリキュアを、子供たちは心から応援します。「子供たちの声援をある程度受けたら立ち上がり反撃するシナリオ」とかではないのです。ほんとうに、ほんとのほんとに、子供たちが一生懸命に応援してくれたから、力が湧いてきて、プリキュアは再び立ち上がることができるのです。そう信じさせてくれるのです。

 

プリキュアショーという空間は、圧倒的なリアルです。一発勝負のショーですから、運営側はさぞ綿密に計画し練習を重ねることでしょう。しかし、そういったシナリオの一切を感じなくさせる熱量が、そこには確かにあります。子供たちの熱によって、シナリオはリアルに昇華されます。なにもかも、それは現実に起こっていることなのです。

プリキュアショーで起こるすべての奇跡は、蓋を開ければ大人たちの努力と作為です。けれどもひとたびショーがはじまれば、その奇跡が起こったのは、子供たちが心から願い声を上げたから、ということになるのです。

 

mortal-morgue.hatenablog.com

 

こちらの記事でも若干ふれましたが、わたしは「真実が完成する瞬間」がどうしようもなく好きです。それは、ある集団・空間における認識が事実を凌駕する価値を持つ瞬間です。プリキュアショーにはそれがあります。ぬいぐるみに命を認めるように、紙切れに金銭的価値を見出すように、あの場で起こるすべての奇跡は、子供たちが起こしたものになるのです。子供たちが願ったから、プリキュアはやってきてくれるし、プリキュアは何度でも立ち上がります。子供たちが心からそう信じられる空間は、大人たちのやさしさの塊のように思えます。プリキュアショーを観る子供たちは、大人たちの愛に包まれているのだと心から思いました。

 

実際にプリキュアショーに赴くと、子供たちの本気を感じます。

プリキュアと一緒に写真を撮る子供たちを眺めていると、どうしようもなく涙が出ます。そこにいるのは間違いなくプリキュアで、子供たちはプリキュアに会うことができて、一緒に写真を撮ることができた。これはあまりにもうつくしい真実です。いつかその写真を見たとき、あのときのプリキュアはきぐるみであったのだと思うかもしれません。それでもその写真に残されているのは、「プリキュアと一緒に写真を撮れて心からうれしいと思う笑顔」なのです。

プリキュアショーにやってくるプリキュアを「プリキュア」だと信じることは、決して愚かなことではありません。とても幸福なことです。名前も知らない子供たちが、そのうつくしい夢を見るべきときに見られたことを、勝手ながらとてもうれしく思うし、すこし妬ましくも思うし、彼女たちの未来に幸福があることを願います。

 

今日は親子連れに混ざってプリキュアにサインを貰って、その上プリキュアと握手をしてきました。プリキュアの手にふれたとき、その体温に感動しました。プリキュアには体温があるのです。今わたしの目の前にいて、あたたかい手でふれている。なんと素晴らしいことだろうと思いました。感無量です。プリキュアにも体温があるんだ……。

 

今日わたしが見た限りだと、写真でも握手でもキュアマカロンがいちばん人気で、たくさんの夢見る少女たちが、おひざに載せてもらったり抱きしめてもらったりしていました。キュアショコラに撫でてもらった女の子はうれしそうにぴょんぴょん跳ねながら帰ってゆきました。

 

取り留めのない話なのでオチらしいオチもないのですが、わたしはというと、ついに某遊園地の年パスを買いました。また行きます。