小夜倉庫

普段はTwitterにいますがTwitterは信じるな

『魔法つかいプリキュア!』モフルンありがとうの話

この文章は、『魔法つかいプリキュア!』の批評を目的とするものではありません。タイトルのとおり、モフルンという存在について、筆者の解釈を書き連ねたものです。
また、この記事は『魔法つかいプリキュア!』本編及び劇場版2作品のネタバレを含みません。
 
先日、『映画 魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!』の円盤が発売され、久しぶりn度目の観賞をした。泣いた。やっぱりわたしはモフルンという存在がどうしようもなく好きで、ともすれば救済とすら感じているのだと思った。ここではそれについて語る。

 

魔法つかいプリキュア!』では、朝日奈みらいと十六夜リコがプリキュアに変身するために、モフルンと手を繋ぐ必要がある。異なる世界に暮らしていたふたりが出会い、手を繋ぎ、奇跡が起こり(魔法でもぬいぐるみを喋らせることはできないとされている)、赤ちゃんの頃からみらいとずっと一緒だったぬいぐるみ・モフルンは、動いておしゃべりすることができるようになった。
 
 
モフルンとはぬいぐるみである。ぬいぐるみは、主と出会うことで目覚め、主の心を注がれて育つものだとわたしは思っている。
モフルンの瞳には、幼き日のみらいと共に見た星空が刻まれている。モフルンは子供の頃からみらいとずっと一緒で、みらいと共にたくさんのものを見てきた。みらいがそれを大切に思うぶんだけ、モフルンもそれを大切に思っている。


みんなで決めたのは、「モフルンには毒は持たせない、皮肉は言わせない」ということ。純粋でかわいいクマちゃんです。みらいときょうだいのような関係で、言動は幼いけれど、みらいと積み重ねてきた年月だけの分別がある子です。

シリーズディレクター 三塚雅人
アニメージュ2016年6月号より)
 
 
 
モフルンは、幼少のみらいの良心を注がれて生まれた存在なのだと思う。モフルンの人格は、幼少のみらいが良心を抽出して投影したことによって生まれているのだ。だから決して毒を吐かず、皮肉も言わない。
 
子供のうち、心がやわらかいうちに、きれいなものをたくさん見て、きれいな心をたくさんぬいぐるみに注いでおけば、そのぬいぐるみは、いつかきっと自分を助けてくれる。ずるくて弱い道を選びそうになったとき、なにかきれいなことを囁いて、「そうだね。やっぱりそっちの方が素敵だよね」と思わせてくれる。
 
そしてそれは、モフルンでなくたっていいのだ。
わたしたちが子供の頃には、当然モフルンのぬいぐるみなんてなかった。『魔法つかいプリキュア!』の放送が開始しモフルンが「甘いにおいがするモフ」と口にするずっと前から、モフルンではないなにかに、みらいにとってのモフルンと同じような役割を持たせた人はきっといるだろう。それはうさぎのぬいぐるみかもしれないし、リカちゃん人形かもしれないし、仮面ライダーの変身ベルトかもしれないし、お気に入りの毛布かもしれない。
「モフルン」とは、子供が良心を注ぐ受け皿なのだ。たとえそれが「おしゃべり変身モフルン」でなくとも、「わたしのモフルン」は世界中にたくさんいる。

魔法つかいプリキュア!』が放送された1年間、たくさんの子供たちがモフルンを手に取ったことだろう。しかし、テレビで描かれたのが「みらいのモフルン」であっても、子供たちが手にした「おしゃべり変身モフルン」は、厳密には「みらいのモフルン」ではないのではないかと考えている。
「みらいのモフルン」に注がれたのはみらいの良心だ。子供たちは、「モフルンに良心を注ぐ」というみらいの行為を真似して、各々の良心を注ぐのではないか。「みらいとモフルン」をモデルにして、独自の「わたしとモフルン」になってゆくのだ。
別になにか根拠がある話ではない。ただ、そうだったら素敵だと思うだけだ。
 
もちろん、それが「みらいのモフルン」であったっていい。むしろそのこともまた、ひとつの救済なのだ。
 
「モフルン」を持たずに大人になってしまった人がいる。わたしはそのクチで、人形に宿る魂を上手に見つけることができなかったし、自分や他者の気持ちを認識するのが不得手だった。きれいなものをきれいだと感じることがよくわからなかったし、良心みたいなものもよくわからなかった。
そうして子供時代を終えてしまった(まだ大人になったとは言い難い)わたしが、「モフルン」に出会うことのかなったよろこびは、凄まじいものだった。モフルンに注がれているのはわたしのものではなくみらいの良心だけれど、モフルンがわたしの元にもやって来てくれたのだ。
 
ありがとう、朝日奈みらいちゃん。あなたがきれいな心をたくさんモフルンに注いでくれたから、わたしも「モフルン」に出会えたよ。
 
 
子供たちにとって、きっと魔法は当たり前に存在するのだろう。魔法は常識として認識されているからこそその力を遺憾なく発揮する。成長と共に魔法が常識でなくなったとき、魔法はたちまちその力を失う。
それは夢の終わりと呼ぶこともできるだろう。しかし、それで終わりではない。
 
ぬいぐるみはさよならを告げずに沈黙するものだ。子供がぬいぐるみとの交流に興味を喪失するときも、あるいは他者から暴力的に現実を突きつけられるときも、ぬいぐるみは決してさよならを言わない。
そのとき、わたしたちの耳は、すこしチャンネルを変える。けれど、意識さえすれば、子供の頃のチャンネルに再び合わせることもできる。そうすれば、「モフルン」の声が聞こえる。
 
「覚醒」と「起床」は違う。
「覚醒」(wake up)とは目を覚ますことであり、この段階ではまだベッドから降りてはいない。頭と心だけが動いている。
「起床」(get up)とは身体を起こしベッドから出て、動き出すことだ。頭も心も、身体も動いている。
モフルンは、みらいと出会って目覚め、みらいとリコが出会うことで起き上がった。たとえ動かなくなってしまっても、モフルンは決して眠らない。モフルンはいつだって、やわらかい布に包まれたうつくしい心を揺らしながら、彼女たちの、そしてわたしたちの傍にいるのだ。


魔法つかいプリキュア!』劇場2作品では、「歌は魔法」「言葉は魔法」と繰り返し語られていた。思いを言葉にすることには、世界を変える力がある。信じる力こそが魔法なのだ。
そして、「モフルン」はいつだって、朝日奈みらいをはじめとするわたしたちの良心を喋る。それに耳を傾ければ、きっと、なにかがすこしずつ、よい方向に向かうのではないかと思う。「モフルン」は、わたしたちがよい方向に向かうための選択を、ずっと応援してくれている気がする。
 
まったく個人的な願いだが、モフルンには、『魔法つかいプリキュア!』の妖精キャラクターという枠組みを超えて、子供たちにとっての、良心の代弁者になってほしいと思っている。この先「おしゃべり変身モフルン」が入手困難になっても、ずっとずっと、「モフルン」という文脈は、子供たちの間で流れ続けてほしい。

「モフルン」は、きっと、今を生きる子供たちにも、大人になってしまった人にも、ありとあらゆる人にやさしい。このことそのものが、この世界でやさしくありたいと、わたしに思わせてくれる。
 
 
また、今回は便宜上「現実には魔法がない」という体を取ったが、わたしはこの世界にも魔法があればいいなと思っている。
 
 
取り留めのない話になってしまったので、最後に一言、二言だけ。
ありがとう、モフルン。
みなさん『映画 魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!』を観てください。神映画です。もう円盤出てます。
 

f:id:mortalmorgue:20170329172019j:plain

ここまで読んでくれてありがとうモフ。とってもうれしいモフ。