読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小夜倉庫

似たり寄ったりなことを百万回繰り返しても足りない

大人になったあなたに聞いてほしい『オトカドール』の話

オトカ♥ドール
http://www.konami.jp/am/otoca/

 

『オトカドール』とは、簡単に言うと、個性豊かなドールたちをリズムゲームで戦わせ、相手とお揃いの服をドロップしてもらい、その服を着たドールの写真を撮ってカードとして排出するゲームだ。

 

ただの女児向けアーケードゲームと侮るなかれ、『オトカドール』は、女児向けコンテンツから卒業できない・したくない人にこそ、やってほしいゲームなのだ。

 

 

『オトカドール』というアーケードゲームが、イオンモールのモーリーファンタジーなどを中心に全国に設置されている。『アイカツ!』や『プリパラ』『プリキュアDCD』などとは異なりアニメがあるわけではないので、知らない人も多いかもしれない。Twitterなどで「CGモデルの作り込みがすごい」などと話題になることはしばしばあるので、見たことがある人もいるだろう。

f:id:mortalmorgue:20170124223515j:plain

f:id:mortalmorgue:20170124223651j:plain

f:id:mortalmorgue:20170124223532j:plain

1枚目:排出されるカード(モザイク部分はQRコード)(画面上部がプレイヤー名、画面下部がドール名)

2,3枚目:プレイ中(オトカドーラー各位には嫁がバレるだけ)

 


『オトカドール』の特徴のひとつは、「自分」と「ドール」が異なる名前を持つ存在であるというところにあると思う。通常、この手のアーケードゲームで「なまえをおしえてね」と言われたら、自分の名前を入力し、自分の名前をしたキャラクターがダンスなりバトルなりすることになるだろう。
しかし『オトカドール』は違う。まず、自分の名前を登録する。そして、自分の選んだプレイアブル・ドールに名前をつけるのだ。そのため、排出されるカードには「〇〇(プレイヤー名)の△△(ドール名)」とプリントされる。
『オトカドール』はその名にドールを冠するとおり、お人形遊びのゲームである。「わたしもこんなふうになりたい」と思わせる他の女児向けコンテンツとは、その点で一線を画している。『オトカドール』の世界には、(一見すると)プレイヤーの実体が存在していないのだ。


『オトカドール』ではたくさんのドールに勝負を挑むことができ、そのドールたちにはそれぞれ持ち歌がある。その歌がとにかくすごいのだ。『オトカドール』のコンセプト、世界観、キャラクターの個性など、様々なものを象徴する楽曲が多数ある。ここではその話をすこしする。

 

ムービー&ミュージック|オトカ♥ドール


オトカミュージック『あのねアノネ♪』

 

多数ある『オトカドール』楽曲の中でも、もっとも象徴的なのはこの『あのねアノネ♪』だろうとわたしは思う。


あのねアノネ♪
実を言うとそこには
キミにそっくりな子いたんだ
でもね少し顔は違うんだけれど
なぜだかすぐにわかった

 

(略)

 

行きたいなぁ〜もう一度あの不思議なセカイ
ゲンジツでは使えない魔法のパワー
たくさんの友だちがあの森で待ってる
きっとこれはユメじゃなくて
ココロの中にあるセカイ

 

にくめないライバルの女の子たち
探したいなゲンジツのどこかにきっといる
でも今はまだナイショふたりだけのヒミツ
マボロシやユメじゃないって
ねぇ!一緒にたしかめようよ


『あのねアノネ♪』(作詞・作曲:村井聖夜 歌:NU-KO)


これはなかなか衝撃的な歌詞ではないだろうか。
以前小耳に挟んだ話に、仮面ライダーを演じる俳優に出会うと泣き出してしまう子供がいるというものがある。その子供にとって、仮面ライダーのいる世界は、イコール怪人のいる世界なのだ。仮面ライダーがいるということは、怪人もじき現れるはず、そして怖い思いをさせられるはず、という思考になるらしい。

つまりなにが言いたいかというと、子供にとって、子供向けコンテンツで描かれる世界と現実の間に、垣根は存在していない、あったとしてもたやすく越えられる高さである、ということだ。

 

それを踏まえてこの歌詞を見ると、『オトカドール』の世界が、作中世界と現実を明確に区分していることがわかる。これは結構特殊なことなのではないかと思っている。

 

ところで、先述したゲームシステムは、女児にはすこし難しいのではないか、と思うことがしばしばある。実際、わたしがプレイする傍らで、初期設定に躓き、同伴の保護者に設定をしてもらっている子供を何人か見たことがある。

つまり、『オトカドール』の対象年齢層は、比較的高めに設定されているのではないか、と考えられる。
そして、それだけの年齢を重ねた子供たちは、現実には魔法のパワーがない、ということをわかっているのだ。

 

では、『オトカドール』の世界はいったいどういうものか? それも明確に歌詞にされている。「夢ではない」「心の中にある世界」だ。

 

『オトカドール』は、この世界に魔法なんてないんだということに気づいてしまったけれど、それでも魔法がだいすきで、上手に女児向けコンテンツから「卒業」できなかった人々に向けるアーケードゲームなのではないか。

 

プリキュアになりたい」「アイドルになりたい」などの「特別なわたしになりたい」という願望を無邪気に抱けなくなってしまったけれど、それでもかわいくてかっこいいものがだいすきな女の子たちを救済するコンテンツなのではないか。


「まだプリキュアなんか観てるの? あんなの子供が観るものじゃん」などということを同級生から言われて、プリキュアのことは好きなのに、観るのをやめてしまおうか悩んでいる女の子に出会ったことがある。それはとても悲しいことだ。
わたしは、『オトカドール』はそういう子供たちに向けられたものなのではないかと感じている。

そして、なにもそれは子供たちに限った話ではない。

 

女児向けコンテンツから卒業できない・したくない・できなかった・したくなかったみんな〜〜〜〜!


『オトカドール』をやってくれ〜〜〜〜!

 

『オトカドール』が好きな身で言うのもなんだが、『オトカドール』はあまり有名じゃないのだろう。けれどだからこそ、『オトカドール』が「風潮」となっている世代は存在していない。『ふたりはプリキュア』無印放送時など、プリキュアは女児たちの間でステータスと化していたそうだ。
しかし、一度風潮になってしまえば、それには「卒業」が付き纏う。幼稚園児の風潮は、小学生になれば捨てられる。子供たちはきっと、そうすることで大人に近づこうとするのだろう。
もちろん、なんらかの女児向けコンテンツから「卒業」したからって、大人になれるわけではない。それでも、そうやって「子供の記号」を脱ぎ捨てることで大人に近づこうとするのは、とても自然なことなのだろう。そして『オトカドール』は、「子供の記号」にならない「子供向けコンテンツ」なのだ。

 

それでも、いいものはいいし、かわいいものはかわいい。それに素直であることは、なにも悪いことじゃない。『オトカドール』は、幼いながらにそれを感じ取っている子供たちの、貴重な受け皿になれるコンテンツなのではないかと思っている。そしてそういう女の子は、今もわたし(たち)の心の中にいる。そして彼女は、かわいい顔で、かわいい服で、森の中でたくさんの友達と魔法で遊んでいるのだ。

 


引用した部分には、もうひとつ面白い歌詞がある。「友達」についてだ。

 

『オトカドール』には個性豊かなドールがたくさん存在する。このドールたちは、プレイヤーの感情移入対象になりうる存在だ。現実よりもかわいい顔をしていて、現実よりもかわいい服を着た「わたし」が、『オトカドール』の世界にはいる。

どんな個性の持ち主とも着飾ってバトルして友達になるこの世界はとてもやさしい。そして、それはつまり、どんな個性の持ち主もみんなから受容されているということなのだ。

そしてこのドールたちは、プレイヤーの感情移入対象に留まらない。ゲームの中で出会い友達になるドールたちは、これから先の未来に現実で出会う、まだ見ぬ未来の友達でもあるのだ。

 

自分とはまったく異なる人と出会うとき、その人とも友達になれるはずだと思っていた方が、きっと友達になりやすい。様々な個性を持つまだ見ぬ未来の友達と、あらかじめ心の中でたくさん遊んで友達になっておくことは、とても素敵な「友達作りの練習」だと思う。

 

『オトカドール』は夢まぼろしの世界ではない。現実ではないかもしれないけれど、この世界の話だ。この世界にたくさんいる、たくさんのプレイヤーの、心の中に確かにある世界だ。そしてその世界を豊かにしてくれて、現実を生きていく力と技術をくれる。『オトカドール』はそういうコンテンツだ。


『オトカドール』には様々なステージがあり、最新(2017/1/24付)のステージAct2で衝撃的な展開があった。それについてここで具体的にふれることはしないが、ぜひプレイしてみてほしい。


また、今回は女児向けコンテンツからの「卒業」を語る上で、便宜上「現実には魔法がない」という体を取ったが、わたしはこの世界にも魔法があればいいなと思っている。


『オトカドール』、最高のコンテンツなので、プレイしてくれ……